略歴

宮城県仙台市に生まれ、その後栃木県宇都宮市で高校生活を過ごす

銀行勤務を経て、1967年4月東京弁護士会登録(19期)

現在弁護士歴43年

 

役職等

日本連合弁護会元人権擁護委員会委員長代行(1期)

日弁連人権擁護委員会委員4期8年

元大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター(CAPP)客員教授

 

メッセージ

私のモットーは、依頼者と納得いくまで時間をかけて話し合い、紛争を解決に導くことにあります。43年の弁護士歴において、民事法(渉外関係も含む)、刑事法、行政法、会社法、その他風俗営業法、出入国管理法、借地借家法、マンション法、医療法、税務事件その他広範な事件を扱ってきましたが、事件は、病気と同じように、一つとして、同じ事件はありません。日々精進の一言です。

略歴

1965年生まれ、青森県出身

 

1988年 東北大学法学部卒

1993年 司法修習(第47期)

1995年 弁護士登録・床井総合法律事務所勤務

2001年 こがわ法律事務所開設・同事務所代表弁護士

2010年 銀座三原橋法律事務所設立

 

役職等

荒川区区民相談所専門相談員(2002年から現在に至る)

法務省人権擁護委員(2005年から2014年まで)

(東京人権擁護委員協議会子ども人権委員、同協議会副会長など歴任)

 

著書・寄稿

「在日朝鮮人と日本社会」明石書店・1999年(共著)

日本民主法律家協会「法と民主主義」2007年6月(419)号「判決ホットレポート」など

 

実績等

  • 養子を禁じているイスラム教国の未成年者を日本人の特別養子とすることを許可した審判に申立人代理人として関与(2005年)。
  • これまで先例の乏しかったフィリピン籍未成年者を日本人の特別養子とすることを許可した審判に申立人代理人として関与(2009年)。
  • カナダ国法律事務所からの依頼により,同国裁判所に対し,日本における家族法制度,特に日本における離婚後の子との面接交渉の問題について意見書を提出(2009年)。
  • その他,一般民事事件はもとより,渉外家事(国際離婚等)事件,行政事件(退去強制令取消・執行停止事件,警察の違法捜査に対する損害賠償請求事件等),刑事事件(風俗営業法違反,外国為替法違反など特別法事件を含む)など実績多数。
  • 不動産業者等の他,医療関連,介護事業者等の顧問先・相談者も多い。

 

略歴

東京都出身 1996年 明治大学法学部法律学科卒業

1998年 明治大学大学院法学研究科博士前期課程修了(法学修士)

2002年 弁護士登録(55期)、東京弁護士会所属

2002年 吉峯総合法律事務所入所

2010年 銀座三原橋法律事務所設立

 

著作

在日コリアン 暮らしの法律Q&A(日本加除出版株式会社)(共著)

外国人・民族的マイノリティ人権白書2007 (明石書店)(共著)

 

メッセージ

弁護士の使命を見失うことなく、どんな困難な事件にも積極的に取り組み、事件の本質を見据えた根源的な解決を図るよう、研鑽を積んで参りたいと存じます。

略歴

2002年 京都大学経済学部卒業

2005年 弁護士登録(58期)、第二東京弁護士会所属

2005年 田村町総合法律事務所入所

2010年 銀座三原橋法律事務所設立

 

役職等

第二東京弁護士会 人権擁護委員会副委員長

 

著作

Q&A新・韓国家族法(日本加除出版)(共著)

外国人・民族的マイノリティ人権白書2010(明石書店)(共著)

略歴

1981年生

2004年 慶応義塾大学法学部法律学科 卒業

2008年 弁護士登録(旧61期)東京弁護士会所属

2008年 吉峯総合法律事務所 入所

2016年1月 銀座三原橋法律事務所 入所

 

メッセージ

弁護士の仕事は、人の人生に大きく関わる仕事だと思います。

依頼者にとって最善の紛争解決ができるよう、日々研鑽を積み、法律的知識、専門的知識を深めることはもちろん、人として、依頼者から信頼していただけるよう心掛けております。日々の業務の中では、依頼者の皆様の話をじっくりと聞き、何が問題となっているのかを分かりやすく整理した上で、問題解決のための道筋を分かりやすく丁寧に説明することを心掛けております。

不安なこと、分からないことがあれば、何でも気兼ねなく相談していただければと思います。

〒104‐0061 東京都中央区銀座6丁目14番20号香蘭社ビル4階 TEL:03‐5148‐2337 FAX:03‐5148‐2338

Copyright(c)2010 Ginza Miharabashi Law Office All Rights Reserved.